保守派を支援するためのタブーな図鑑

ネットで収集した情報などをシェアしていきます。

2016年01月10日

韓国併合100年日韓知識人共同声明の署名者のリスト

内容を部分的に抜粋すると

日本帝国は大韓帝国をこの地上から抹殺し、朝鮮半島をみずからの領土に併合することを宣言した。私たちは、韓国併合の過程がいかなるものであったか、「韓国併合条約」をどのように考えるべきかについて、日韓両国の政府と国民が共同の認識を確認することが重要であると考える。この問題こそが両民族の間の歴史問題の核心であり、われわれの和解と協力のための基本である。
 今日まで両国の歴史家は、日本による韓国併合が長期にわたる日本の侵略、数次にわたる日本軍の占領、王后の殺害と国王・政府要人への脅迫、そして朝鮮の人々の抵抗の圧殺の結果実現されたものであることを明らかにしている。

韓国併合は、この国の皇帝から民衆までの激しい抗議を軍隊の力で押しつぶして、実現された、文字通りの帝国主義の行為であり、不義不正の行為である。

日本帝国がその侵略戦争のはてに敗北し、朝鮮は植民地支配から解放された。

現在にいたるまで、日本でも緩慢ながら、植民地支配に関する認識は前進してきた。村山総理談話において、日本政府は「植民地支配」がもたらした「多大の損害と苦痛」に対して、「痛切な反省の意」、「心からのおわびの気持ち」を表明した。

朝鮮半島の北側にあるもうひとつの国、朝鮮民主主義人民共和国と日本との国交正常化も進められなければならない。
このようにすることによって、韓国と日本の間に、真の和解と友好に基づいた新しい100年を切り開くことができる。私たちは、この趣意を韓日両国の政府と国民に広く知らせ、これを厳粛に受け止めることを訴える。

日本側 署名者  (*は発起人)

荒井 献 (東京大学名誉教授・聖書学)、荒井信一* (茨城大学名誉教授・日本の戦争責任資料センター共同代表)、井口和起* (京都府立大学名誉教授・日本史)、石坂浩一* (立教大学准教授・韓国社会論)、石田 雄 (東京大学名誉教授・政治学)、石山久男 (歴史教育者協議会会員)、李順愛 (早稲田大学講師・女性学)、出水 薫 (九州大学教授・韓国政治)、李成市* (早稲田大学教授・朝鮮史)、李鍾元* (立教大学教授・国際政治)、板垣雄三 (東京大学名誉教授・イスラム学)、井筒和幸 (映画監督)、井出孫六 (作家)、伊藤成彦 (中央大学名誉教授・社会思想)、井上勝生* (北海道大学名誉教授・日本史)、今津 弘 (元朝日新聞論説副主幹)、上杉 聡 (大阪市立大学教授)、上田正昭 (京都大学名誉教授・日本史)、内田雅敏 (弁護士)、内海愛子* (早稲田大学大学院客員教授・日本―アジア関係史)、大江健三郎 (作家)、太田 修* (同志社大学教授・朝鮮史)、岡本 厚* (雑誌『世界』編集長)、沖浦和光 (桃山学院大学名誉教授)、小田川興* (元朝日新聞編集委員)、糟谷憲一* (一橋大学教授・朝鮮史)、鹿野政直* (早稲田大学名誉教授・日本史)、加納実紀代 (敬和学園大学教授・女性史)、川村 湊 (文芸評論家・法政大学教授)、姜尚中 (東京大学教授・政治学)、姜徳相 (滋賀県立大学名誉教授・朝鮮史)、木田献一 (山梨英和学院大学院長・キリスト教学)、木畑洋一 (成城大学教授・国際関係史)、君島和彦 (ソウル大学教授・日本史)、金石範 (作家)、金文子 (歴史家)、小谷汪之 (首都大学・東京教授・インド史)、小林知子 (福岡教育大学准教授・在日朝鮮人史)、小森陽一* (東京大学教授・日本文学)、坂本義和* (東京大学名誉教授・国際政治)、笹川紀勝 (明治大学教授・国際法)、佐高 信 (雑誌『週刊金曜日』発行人)、沢地久枝 (ノンフィクション作家)、重藤 都 (東京日朝女性の集い世話人)、清水澄子 (日朝国交正常化連絡会代表委員・元参議院議員)、東海林勤* (日本キリスト教団牧師)、進藤栄一 (筑波大学名誉教授・東アジア共同体学会会長)、末本雛子 (日朝友好促進京都婦人会議代表)、鈴木道彦 (独協大学名誉教授・フランス文学)、鈴木伶子 (平和を実現するキリスト者ネット代表)、関田寛雄 (青山学院大学名誉教授・日本キリスト教団牧師)、徐京植 (作家・東京経済大学教授)、高木健一 (弁護士)、高崎宗司* (津田塾大学教授・日本史)、高橋哲哉 (東京大学教授・哲学)、田中 宏 (一橋大学名誉教授・戦後補償問題)、俵 義文 (子どもと教科書全国ネット21事務局長)、趙景達* (千葉大学教授・朝鮮史)、鶴見俊輔 (哲学者)、外村 大 (東京大学准教授・朝鮮史)、仲尾 宏 (京都造形芸術大学客員教授)、中塚 明* (奈良女子大名誉教授・日朝関係史)、中野 聡 (一橋大学教授・歴史学研究会事務局長)、中村政則* (一橋大学名誉教授・日本史)、中山弘正 (明治学院大学名誉教授・経済学)、永久睦子 (I女性会議・大阪会員)、成田龍一 (日本女子大学教授・日本史)、朴一 (大阪市立大学教授・経済学)、林 雄介 (明星大学教授・朝鮮史)、原 寿雄 (ジャーナリスト)、針生一郎 (美術評論家)、樋口雄一 (高麗博物館館長)、飛田雄一 (神戸学生青年センター館長)、平川 均 (名古屋大学教授・経済学)、深水正勝 (カトリック司祭)、藤沢房俊 (東京経済大学教授・イタリア近代史)、藤永 壮 (大阪産業大学教授・朝鮮史)、福山真劫 (フォーラム平和・人権・環境代表)、古田 武 (高麗野遊会実行委員会代表)、布袋敏博 (早稲田大学教授・朝鮮文学)、前田憲二 (映画監督・NPO法人ハヌルハウス代表理事)、松尾尊~* (都大学名誉教授・日本史)、水野直樹* (京都大学人文科学研究所教授・朝鮮史)、三谷太一郎 (政治学者)、南塚信吾 (法政大学教授・世界史研究所所長)、宮崎 勇 (経済学者・元経済企画庁長官)、宮嶋博史* (成均館大学教授・朝鮮史)、宮田毬栄 (文筆家)、宮地正人 (東京大学名誉教授・日本史)、宮田節子* (歴史学者・元朝鮮史研究会会長)、文京洙 (立命館大学教授・政治学)、百瀬 宏 (津田塾大学名誉教授・国際関係学)、山口啓二 (歴史研究者・元日朝協会会長)、山崎朋子 (女性史研究家)、山田昭次* (立教大学名誉教授・日本史)、山室英男* (元NHK解説委員長)、梁石日 (作家)、油井大三郎 (東京女子大学教授・アメリカ史)、吉岡達也 (ピースボート共同代表)、吉沢文寿 (新潟国際情報大学准教授・朝鮮史)、吉野 誠 (東海大学教授・朝鮮史)、吉松 繁 (王子北教会牧師)、吉見義明 (中央大学教授・日本史)、李進煕 (和光大学名誉教授・朝鮮史)、和田春樹* (東京大学名誉教授)  

韓国側 署名者  (*は発起人)

姜萬吉* (高麗大名誉ヘ授, 元尚志大総長・韓国史)、姜天錫* (朝鮮日報主筆)、高光憲* (ハンギョレ新聞社長)、高銀* (詩人)、權泰檍 (ソウル大ヘ授・韓国史)、具正謨 (江原大ヘ授・經濟学, 東北亞大学ヘ授協議会会長)、金京熙* (知識産業社社長)、金基奭 (ソウル大ヘ授・ヘ育学)、金度亨 (延世大ヘ授・韓国史)、金炳翼 (文学&知性社常任顧問)、金成国 (釜山大ヘ授・社会学)、金彦鎬 (圖書出版ハンギル社代表)、金永一 (光復会会長)、金泳鎬* (柳韓大総長)、金容九 (翰林大翰林科学院ヘ授)、金容徳* (ソウル大名誉教授・光州科学技術院碩座教授・東洋史)、金容燮 (延世大名誉ヘ授・韓国史)、金潤煥 (高麗大名誉ヘ授・經濟学, 韓国經濟学会名誉会長)、金鍾圭 (韓国博物館協会会長, 韓国文化財トラスト協会会長)、金芝河* (詩人)、金鎭R* (元韓国經濟新聞会長, 元ソウル市立大総長)、金昌祿* (慶北大ヘ授・国際法)、金泰永 (慶熙大名誉ヘ授・韓国史)、金平祐 (大韓辯護士協会会長)、金R (ソウル辯護士協会会長)、金皓起 (延世大ヘ授・社会学)、金和經 (嶺南大ヘ授・韓国文学)、金 (小説家)、金喜坤 (安東大ヘ授・韓国史)、羅鍾一 (友石大総長, 元駐日大使)、南時旭* (世宗大碩座ヘ授, 元文化日報社長)、盧明鎬 (ソウル大ヘ授・韓国史)、盧泰敦 (ソウル大ヘ授・韓国史)、都珍淳 (昌原大ヘ授・韓国史)、朴孟浩 (民音社会長)、朴明圭 (ソウル大ヘ授・社会学)、朴秉濠 (大韓民国学術院会員・法制史)、朴元淳* (希望制作所常任理事)、朴在勝 (元大韓辯護士協会会長)、朴維徹 (安重根義士百周年記念館建立委員会委員長)、「仁俊* (東亞日報主筆)、白楽晴* (ソウル大名誉ヘ授・英文学)、白承憲 (民主社会のための弁護士会会長)、白永瑞 (延世大ヘ授・東洋史)、朴宇熙 (世宗大総長, 韓国經濟学会名誉会長)、朴仁奎 (プレシアン社長)、徐仲錫 (成均館大ヘ授・韓国史)、成大慶 (成均館大名誉ヘ授・韓国史)、宋永丞 (京ク新聞社長)、宋虎根 (ソウル大ヘ授・社会学)、申庚林 (詩人)、申榮福 (聖公会大碩座ヘ授・經濟学)、愼纛* (梨花女子大碩座ヘ授・韓国史)、安秉祐 (韓信大ヘ授・韓国史)、安秉旭 (カトリック大ヘ授・韓国史)、安哲秀 (KAIST(韓国科学技術院)碩座ヘ授)、梁民滸 (東北亞平和センター運營委員長)、嚴昌玉 (慶北大ヘ授・經濟学, 国債報償記念事業会常任理事)、廉武雄 (嶺南大名誉ヘ授・文学評論)、呉世榮 (ソウル大名誉ヘ授, 韓国詩人協会会長)、呉連鎬 (Oh My News 社長)、劉在天 (尚志大総長)、尹炳奭 (仁荷大名誉ヘ授・韓国史)、尹炯斗 (汎友社社長、韓国出版学会会長)、李根ェ (ソウル大ヘ授・国際法)、李基相 (外国語大ヘ授・韓国史)、李g奭 (ソウル大名誉ヘ授・地理学)、李起雄 (ス話堂社長、出版都市文化財団理事長)、李萬烈* (淑明女子大名誉ヘ授・韓国史)、李文烈 (小説家)、李相燦 (ソウル大ヘ授・韓国史)、李成茂 (韓国学中央研究院名誉教授, 元国史編纂委員会委員長)、李時載 カトリック大ヘ授・社会学, 環境運動聯合代表)、李御寧 (梨花女子大碩座ヘ授, 元文化部長官)、李元コ (国民大ヘ授・国際政治学)、李長熙* (外国語大ヘ授・国制法, 国際常設仲裁裁判所(PCA) 裁判官)、李泰鎭* (ソウル大名誉ヘ授・韓国史)、李效再 (梨花女子大名誉ヘ授・社会学)、李学永 (韓国YMCA全国聯盟事務総長)、林玉相 (画家)、林賑澤 (韓国民族藝術人総聯合副会長)、任撫~ (韓国日報主筆)、林熒澤 (成均館大ヘ授・韓国文学)、任軒永 (民族問題研究所所長)、林玄鎭 (ソウル大ヘ授・社会学)、張萬基 (韓国人間開發研究院会長)、張寅成 (ソウル大ヘ授・外交学)、張忠植 (檀国大名誉総長)、鄭聖憲 (DMZ生命平和東山理事長)、鄭在貞 (ソウル市立大ヘ授・韓国史, 東北亞歴史財團理事長)、鄭昌烈* (漢陽大名誉ヘ授・韓国史)、鄭泰寅 (高麗大ヘ授・韓国史)、趙光 (高麗大ヘ授・韓国史)、趙東杰 (国民大名誉ヘ授・韓国史)、趙東成 (ソウル大ヘ授・經營学)、趙東一 (ソウル大名誉ヘ授・韓国文学)、゙ヒヨン (聖公会大ヘ授・社会学)、朱宗桓 (東国大名誉ヘ授・經濟学, 市民社会新聞論説顧問)、車河淳 (西江大名誉ヘ授・西洋史、大韓民国学術院会員)、蔡雄錫 (カトリック大ヘ授・韓国史)、崔元植* (仁荷大ヘ授・韓国文学)、崔章集 (高麗大ヘ授・政治学)、韓敬九 (ソウル大ヘ授・人類学)、韓相震 (ソウル大名誉ヘ授, 中国C華大ヘ授・社会学)、韓水山 (小説家)、韓勝憲 (弁護士、元監査院長)、許南振 (中央日報論説主幹)、許粹烈 (忠南大ヘ授・農業經濟学)、黄ル暎 (小説家)  
posted by たり at 06:36| Comment(0) | 政治団体・宗教団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: