保守派を支援するためのタブーな図鑑

ネットで収集した情報などをシェアしていきます。

2015年07月20日

辺野古基金の共同代表のメンバーと沖縄「建白書」を実現し未来を拓く島ぐるみ会議の発起人のリスト

沖縄県外=映画監督の宮崎駿、
ジャーナリストの鳥越俊太郎、
元外務相主任分析官で作家の佐藤優、
俳優の故菅原文太の妻・文子、
報道写真家で県出身の石川文洋の5人。
沖縄県内=前嘉手納町長の宮城篤実、
金秀グループ会長の呉屋守将(翁長の戦隊本部長)、
かりゆしグループ最高経営責任者(CEO)の平良朝敬、
沖縄ハム総合食品会長の長浜徳松の4人。

米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設の阻止を目的としている。
基金創設は作家で元外務省主任分析官の佐藤優が琉球新報連載「ウチナー評論」の中で提唱し、
安慶田副知事から検討を打診された「沖縄建白書の実現を目指し未来を拓(ひら)く島ぐるみ会議」が辺野古移設反対の民意を国内外に広げることを目的に、基金の設置を検討してきた。
新基地建設に反対し、オスプレイ配備撤回、米軍普天間基地の閉鎖・撤去などを求める
「建白書」実現の運動としては

「島ぐるみ会議」発起人(敬称略)

 安里英子、新川明(沖縄タイムズ)、安次富浩(海上ヘリ基地建設反対・平和と名護市政民主化を求める協議会共同代表)、新崎盛暉(沖縄大学名誉教授)、安良城米子(沖縄国際大学大学教授)、池宮城紀夫(弁護士、糸数慶子後援会顧問)、石川元平(元沖縄県教職員組合委員長)、石川文洋(写真家)、石原昌家(社会学者。沖縄国際大学名誉教授)、伊志嶺雅子(沖縄県女性団体連絡協議会会長)、伊波洋一(元宜野湾市長)、上里賢一(琉球大学名誉教授)、内海恵美子、大城貴代子(元県女性政策室長)、大城紀夫(連合沖縄会長)、大城宗憲、大城常夫、我部政明(我部政明)、狩俣吉正(元連合沖縄会長)、兼次徳助(全駐労沖縄地区本部元委員長)、菊池俊夫、喜納義昭(東恩納組社長)、喜屋武秀行(沖縄国家公務員労働組合顧)、金城徹(那覇市市議会議員)、金城実(彫刻家)、黒島善市、桑江テル子(基地・軍隊を許さない 行動する女たちの会事務局長)、幸喜良秀(演出家)、幸喜勝、呉屋守将(金秀グループ会長)、崎山律子、佐久川政一、座喜味彪好、桜井国俊(沖縄大学名誉教授)、佐藤学、城間勝(沖縄平和市民連絡会、一坪反戦地主)、新城和博、新城洋子(国際ソロプチミスト沖縄副委員長)、砂辺長盛、大工哲弘(歌手)、平良修、平良長政、平良朝敬(かりゆしグループCEO)、高里鈴代(基地・軍隊を許さない行動する女たちの会共同代表、「軍事主義を許さない国際女性ネットワーク」沖縄代表など)、高良健、高良沙哉(沖縄大学准教授)、高良勉、高良まき子、高良鉄美、玉城清(連合沖縄会長)、玉寄哲永(沖縄県子ども会育成連絡協議会会長)、照屋寛之(沖縄国際大学教授)、照屋義実、唐真弘安(唐真弘安)、渡久地政弘、富川盛武(沖縄国際大学学長)、友寄信助(元社民党県連委員長)、東条渥子(県生活協同組合連合会会長)、仲里利信(元沖縄県議会議長)、仲地博(沖縄大学学長)、仲宗根寛明(ひやみかち うまんちゅの会事務局長)、仲村信正、永山盛広、比嘉幹郎(元沖縄県副知事)、比嘉栄仁(琉球海運)、備瀬武敬(栄町市場商店街振興組合会長)、比屋根照夫(琉球大学名誉教授)、平仲善幸、外間盛善、堀川美智子(介護と福祉の調査機関おきなわ理事長)、前泊博盛、又吉民人、三木健、宮城篤実(沖縄嘉手納町長)、宮城公子(沖縄大学准教授)、宮城晴美、宮城康旦、宮里護佐丸(琉球弧の先住民族会会長)、宮里政玄(沖縄対外問題研究会顧問)、銘苅春雄、屋良朝博(元沖縄タイムス記者)、由井晶子(元沖縄タイムス編集局長)、吉田義邦、吉元政矩(元沖縄県副知事)、若林千代(沖縄大学教授)
タグ:沖縄 辺野古
posted by たり at 15:36| Comment(0) | 政治団体・宗教団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: